NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ曲のヴァイオリン・ソロを弾く人物とは?

音楽
スポンサーリンク

NHK大河ドラマは毎回注目を集めており、

俳優や女優、

舞台監督、

音楽プロデューサーなど、

 

各分野における一流の人で構成され、視聴者からは絶賛される事が絶えない、

素晴らしいドラマに仕上がっているのを私管理人も共感しております。

 

 

その中でも今回は私管理人が大好きな「音楽」に注目してみました。

 

「NHK大河ドラマ 2016年 『真田丸』」 オープニングテーマ曲の中で聞こえてくる「ヴァイオリンソロ」を奏でている方をご存じでしょうか?

 

有名なヴァイオリニストだと思っていたら・・

 

それも納得できる、素晴らしい経歴と実力の持ち主である 三浦文彰 さんによるものでした。

 

 

では 三浦文彰 さんとは一体どのような方なのか?

 

スポンサードリンク



 

スポンサーリンク

三浦文彰 プロフィール


三浦文彰 氏名: 三浦文彰 (ミウラ フミアキ)
生年月日 :1993年
出身: 東京都 (現在はウィーン在住)
楽器: J.B.Guadagnini (1748年製) (ヴァイオリン)
楽器: ストリオーニスクール Ex-Rachlin (1780年製) (ヴィオラ)


バイオグラフィー


2009年に世界最難関と言われるハノーファ国際コンクールで史上最年少の16歳で優勝する。
国際的に大きな話題となる。

両親ともにヴァイオリニスト一家に生まれ、3歳よりヴァイオリンをはじめる。

3歳より安田廣務氏に師事

6歳から徳永二男氏に師事

 

 

2003年 全日本学生コンクール東京大会小学校の部 第2位
2004年 全日本学生コンクール東京大会小学校の部 第2位(昨年と同じ)
2006年4月 ユーディ・メニューイン国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門第2位
2009年 第20回出光音楽賞受賞
2009年10月 ハノーファー国際コンクールで史上最年少で優勝(16歳の時)
聴衆賞、音楽評論家賞も同時に受賞という快挙
地元紙、The Strad誌も大絶賛するなど現地でも確かな評価を得る

2012年 プラハ・フィルと日本ツアーを行う
2013年 ペンデレツキ80歳記念演奏会に出演
2014年 ルーブルでのリサイタルでバリデビューを果たし、
ローザンヌ室内管、モントリオール室内管と共演を果たす

2015年9月 リントゥ指揮するベルリン・ドイツ響と共演し、CDをリリース
『チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲』

2016年 NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽のヴァイオリンソロを演奏


参照:avex.jp
参照:AMATI公式サイト

 

 

キャリアも実力も申し分ない素晴らしいヴァイオリニストという事がお分かりいただけたと思います。

 

しかもイケメンという・・なんとも羨ましい限りです。

 

さて、その美しいヴァイオリンの音色を奏でる楽器、つまり名器は一体何か?

 

 

使用している楽器


ヴァイオリンとなれば、家まで売ってでも買う有名な演奏家がいるくらい、恐ろしい値段の楽器があります。

 

でも有望な演奏家にはきちんとバックアップしてくれる法人が日本にあります。

 

ヴァイオリン
NPO法人イエロー・エンジェル より貸与された J.B.Guadagnini (1748年製)J.B.Guadagnini (1748年製)


出典:NPO法人イエロー・エンジェル より


ヴィオラ
株式会社日本ヴァイオリン より貸与された ストリオーニスクール Ex-Rachlin (1780年製)


 

 

さて使用している楽器を貸与されているのは、多くの若手音楽家たちです。

もちろん実力と実績があるからこそ、素晴らしい名器で最高の音色を奏でてもらいたいものです。

 

ヴァイオリンの値段は、やはり貸与している楽器なので、実際に使用している楽器の値段はわからないのですが、

同じJ.B.Guadagnini製のヴァイオリンは、

 

約1,260,000円~ という金額。

 

もちろん有名な演奏家が長年使用してきた名器となれば、数千万円以上にもなってきますので、よほどお金持ちではない限りは購入は厳しそうですね。

 

 

世界一高価!?  Stradivariとは?


あの有名なストラディヴァリ(Stradivari)も、今日のハイテク技術をもってしても彼ほどの素晴らしい物が作れないとまで言われています。

 

近年では約1,000挺あったストラディヴァリのヴァイオリンも現在では約600挺が現存しているそうです。

(ヴァイオリンの単位は 挺(チョウ) です。)

 

 

減ることはあっても二度と増えない楽器であるからこそ、恐ろしい価格で販売されたり、オークションで落札されたりしています。

 

オークションと言っても、億単位で競り合うオークションなので私管理人もしょせんは一般人・・金額聞いただけで驚くばかりです。

 

最近では約16億円 (1,600,000,000円) の金額で落札されたという情報もあるほど、音楽家のヴァイオリニストにとっては夢の名器といわれています。

 

 

今後のコンサート情報や演奏会の案内は公式サイトよりご覧いただけますので、興味のある方はぜひ足を運んで見て下さい。

 

「公式サイトリンク」 


三浦文彰 avex


三浦文彰 AMATI

コメント

タイトルとURLをコピーしました