ハロウィンだ!甘グロテスクなスイーツで注目を浴びよう!

季節イベント
スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハロウィンのスイーツ


10月31日といえば、ハロウィンです。


 

ここ数年、日本でもハロウィンの知名度が年々増してきており、新たなマーケットとして注目をされています。

関西在住の私管理人は、心斎橋に行くといつも若い人たちでにぎわっているのですが、10月31日付近はすごい事になっています。

 

恐ろしく、楽しく、ユーモアあふれ、ワクワクし、ドキドキし、ビクビクし、メロメロになり・・

 

かなり抽象的な表現ですが、簡単に言えば「非日常」な光景が見れるという事です。

 

例えば、普通の日に「ターミネーター風」な格好に金属の肌に見えるメイクを施して堂々と?街中でするのには、勇気がいりますよね。

でもハロウィンの時期は「周りに溶け込める」ので、好きなコスプレになりきってパーティーに行くのも一つの楽しみ方です。

 

そこで今回は「ハロウィンパーティー」で出てくると思わず目を引くようなレシピをご紹介します。(外部サイトより参照しております)

 

では、私管理人が食べてみたいスイーツをご紹介します。

蜘蛛の巣「レアチーズケーキタルト」


(5人前) 調理時間 1時間~

シンプルだけどおいしいレアチーズケーキタルト! その表面になんと蜘蛛の巣模様を入れちゃうことでハロウィンらしさは間違いなし!

見た目とは裏腹に、スイーツなので、甘~い罠に引っかからないように気を付けましょう。 といってもついつい食べちゃいそうです。

作り方は意外と簡単で、つまようじを利用するだけで、表面にあるココア生地が「蜘蛛の巣」らしく大変身を遂げます。

 

必要な食材


【タルト生地】

●無塩バター 45g

●粉糖 30g

●卵 15g

●薄力粉 70g

●ココアパウダー 10g

●アーモンドパウダー 15g

【レアチーズケーキ】

◆粉ゼラチン 5g

◆水 30cc

◆クリームチーズ 120g

◆グラニュー糖 50g

◆生クリーム 100cc

◆牛乳 70cc

◆レモン汁 5cc

【蜘蛛の巣模様】

▲ココアパウダー 適量

作り方の手順


1.タルト生地を作ります。 ボウルでバターをしっかりと練って、卵、砂糖の順に加え、粉類を入れたらさっくりとまとめます。

☆バターを室温に戻して木べらで柔らかく練り、砂糖を混ぜ合わせ、溶いた卵も数回に分けて加えその都度均一になるように混ぜ、あわせてふるった粉類(薄力粉・ココアパウダー・アーモンドパウダー)をボウルの側面に押し付けるようにすり混ぜてまとめます。

2.タルト生地はひとまとめにしてラップに包みます。それを冷蔵庫で休ませます。最低1時間~ できれば6時間~。

☆この時点で保存可冷蔵5日・冷凍2週間

3.冷蔵庫で休ませたタルト生地を型に敷きこんで、180℃のオーブンで10分、その後は170℃で20分焼きます。

☆焼き色がわかりにくいですが、少し硬く指で叩いたときに乾いた音になるまで焼いてください。

4.レアチーズケーキをつくります。

☆クリームチーズは室温に戻し、ゼラチンは水にふり入れて10分ふやかします。

☆その間に絞り袋に丸口金をセットします (無ければ、生地を入れたあとで絞り袋の先を少しカットします)

5.レアチーズのボウルに余った生地のココアアパウダーを加え、絞り袋に入れてレアチーズの上に絞ります。ここでつまようじを使って蜘蛛の巣模様を付けます。

☆渦巻状または中央から大きくなるよう円の模様を付けて、放射状につまようじを生地に入れて蜘蛛の巣模様を作っていきます。

6.冷蔵庫で半日ほど冷やして固めます。

記事のURL:http://ameblo.jp/lovable-kitchen/entry-11941535092.html

いざパーティーへ


このレアチーズケーキタルトをパーティーへもっていけば、注目間違いないです。

もちろん事前に味見して外見だけではなく、中身でも勝負できるように一度練習してみてもいいかもしれません。

 

毎年ハロウィンの季節がやってきますが、レシピ、コスプレ、パーティー、イベントなどに参加すれば「ハロウィン最高~!」となる事間違いなしです。

 

もしこの「レアチーズケーキタルト」を作ってさらに自分なりのアレンジを加えた人が居たら、是非教えてくださいね。

Happy Halloween!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました