偉人「エイブラハム・リンカーン」氏の名言

海外展開・ビジネス
スポンサーリンク

アメリカ大統領としても有名な「リンカーン」ですが、数々の名言を残されています。



もちろん時代背景やアメリカの歴史を知ると「なるほど~」と思うことが多々あります。

ではリンカーンってどんな人なのか?

エイブラハム・リンカーン氏


名前: Abraham Lincoln

出生: 1809年2月12日

死去: 1865年4月15日 (満56歳)
1834年 イリノイ州の下院議員に初当選、政治家となる。

1837年 イリノイ州議会で最初に抗議として「反奴隷制」を行う。

1846年 ホイッグ党員として下院議員となり、議員の任期が終わると弁護士として多数の法廷事案に着手する。

1854年「カンザス・ネブラスカ法」に反対する演説を行い注目を集める。

1860年 共和党として大統領候補に指名を受け 約60%の票を得て大統領となる。

1862年9月 南北戦争で勝利を得た後、「奴隷解放宣言」を行った。


引用元:Wikipedia


アメリカの第16代大統領を務めたことも非常に有名で、

ワシントンDCに行けば、リンカーン像を拝むこともできるので、是非見ていただければと思います。


映画のシーンでも出てきますが、

「インディペンデンスデイ」



「ナイトミュージアム」

などのシーンでもお見受けできるので気になる人はチェックしてください。

名言


You cannot escape the responsibility of tomorrow by evading it today.

今日責任から逃れることによって、明日の責任から逃れることはできない。


Things may come to those who wait, but only the things left by those who hustle.

待っているだけの人達にも何かが起こるかもしれないが、それは努力した人達の残り物だけである。


 

この他にも多くの名言がありますが、またご紹介していきたいと思います。

議員、弁護士、大統領と経験したリンカーンがいうと言葉の一つ一つが重く感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました