気合いを入れるために関節ポキポキは効果があるのか?

海外展開・ビジネス
スポンサーリンク

女性 腰痛いよいよお盆休みも終了し、遠出や海外から帰ってきた人は再び職場に戻っていった人が多いのではないでしょうか?

 

旅の疲れや仕事にとりかかる前に気合いを入れて背筋を伸ばして「ポキッ!」

 

首を左右に動かして「ポキッ!」「ゴリッ!」「グキッ!」

 

 

何とも言えない音が隣の席まで聞こえてきますが、やっぱり見てると「気持ちよさそうだな」・・・。

 

 

そんな事もあってか、私管理人も指の関節や首をよく「ポキッ!」と鳴らしています。

 

既に20年前から毎日、無意識にやってしまっているのですが、実はとんでもない効果があったのです!

 

スポンサードリンク



 

スポンサーリンク

ポキポキ音はどこから?


関節が動く事によってなるあの「ポキポキ」という音は、実は骨が正しい位置に戻っているというわけではなく、

医学の世界でも7不思議の一つとされてきていました。

 

 

しかし近年、その「ポキポキ」という音がどこから鳴っていて、どういう効果があるのかが分かったのです。

 

カナダのアルバータ大学に所属されているグレッグ・カウチャック博士の研究グループによって発表されています。

それは科学雑誌の『PLOS ONE』に掲載されています。

 

発表内容によると、骨を引っ張って関節が引き離された時、骨と骨の間にある液(骨液)が気泡を発生させます。

その時、骨と骨の間にある圧力が低下し、発生した骨液が一気に隙間へ移動した時に、発生した気泡が消えます。

 

 

これが「ポキポキ」音の正体だったのです。

 

 

MRIで撮影しながら検証した実験結果なので、まず間違いないと思っていいようです。

 

では「ポキッ」という音を鳴らすとどんな効果があるのでしょうか?

 

恐ろしい負荷がかかる


整骨院に行っても歪みを治す時には「ポキポキ」音が鳴った事で

「凄く楽になった気分」になった経験者はいるかと思います。

 

私管理人も、首や腰の関節をしっかりと治してもらう際に「ポキ!」っと音がすると快感です。

 

しかし、実はこれが「気泡のはじける衝撃」によって

骨や関節に負荷をかけているという研究結果がでています。

 

 

繰り返して関節を鳴らす事で骨が徐々に変形してしまう恐れがあり、

また変形すればするほど音も良く聞こえるので、

やめられなくなってしまう悪循環に陥るそうです。

 

 

しかも骨にかかる負荷は1000Kgにも上ると言われており、

指の関節がその衝撃をずっと耐えれるとは思えないです。

 

 

他にもある、身体への影響


首 サラリーマン 疲れ首の関節を鳴らすと骨のずれによって脊椎を傷つけたり、神経疾患を引き起こす可能性も秘めているそうです。

 

これはイギリスのブルネル大学研究チームによる発表があり、

首の骨がずれる事によって頸椎動脈の粘膜が破裂、脳卒中を引き起こすリスクがあるようです。

 

万が一、命が助かったとしても後遺症による車いす、寝たきりの生活を、他の障害が残ったりして大変な生活を余儀なくされる可能性があります。

 

 

 

これを読んで私管理人は「ぴたっ」と関節を鳴らすの止めました!!

 

ある意味、早くこの真実を知っておきたかったと思っており、

過去の過ち(といっても自分がポキポキ鳴らしたのが悪い) を償えるように本日より改めてたいと思いました。

 

 

 

 

「ポキポキ」の代わりになる方法とは?


残念ながら、ポキポキと鳴らす事が身体に良いという結果が出ていない以上、

神経にも骨にも筋肉にも悪影響以外何も及ぼさないという研究結果が出ています。

 

どうしても「ポキポキ」と鳴らしたくなったら、

マッサージをするなり、温めるなり、湿布を貼るなりして

身体をほぐすのが一番の薬なのかもしれません。

 

 

<参考文献>
●the Guardian「Cracked it! Scientists solve puzzle of why knuckles pop when pulled」

●MailOnline「Letting a chiropractor ‘crack’ your neck to ease pain could trigger stroke」

コメント

タイトルとURLをコピーしました