無料で使えるKTDのGoogle Autocomplete Keyword Toolとは?

話題のつぶやき
スポンサーリンク

サイトに行くと、いきなり検索バーがスタンバイしています。

「これ無料なの?」


と思いましたが、よく見ると

TRY it Free!の文字が!

 

Mr.Poin
Mr.Poin
おぉ!さすがGoogle先生。

ド素人の私でさえも使っていいよとの事!

 

しかしよく見たら・・・

Free version limited to 3 searches per day.無料版は13回までよ

既に1回検索をしたので、

2 searches left

とあります。

まるで「アラジンと魔法のランプ」から出てきた「ジーニー」でしょうか?

こちらからサイトへ飛びます

 

でも1日経過したらリセットされるので、検索ワードを絞り込んてキーワードを入力したらいいかもしれませんね。

毎日3回の「キーワード(願い事?)」の道しるべを教えてくれるので助かります。

今回は「American Express」を「google.com」のサーチエンジンを使って検索してみました。

1.「American Express」を検索
2.検索するサーチエンジンを選択
3.キーワード結果が表示される

まだ「google」のサーチエンジンは英語サイトには強い感じがします。

日本語でサーチは可能か?

気になったので日本語で「アメリカンエキスプレス」と入力してみました。

 

結果は・・・

おぉ!

しっかり結果が出ました。

あまり心配はいらないようですが、キーワードの差は少し気になる所です。
American Express
355

に対し

アメリカンエキスプレス:256


アメックスユーザーは英語圏が多く、圧倒的な検索を日々行っている為、
Google
先生が多くのキーワードを拾ってこれたのだと推測します。

 

それでも256個のキーワードは非常に重宝できますね。 

必要であればExcelにキーワードデータをダウンロードしましょう。

キーワード一覧をダウンロード

Excelデータでダウンロードができるので、データを開いてみたら
ランクの降順でしっかりと並んでいます。

これは参考になりますね。

ランクとは?

色とりどりの「Rank」ですが、キーワードの左にあるランクは1~1010段階で独自の分析結果を踏まえたカテゴライズになっています。

・キーワードの需要
・文字カウント
・流動性が高い

などを考慮しているようです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 【メリット】
1.無料
2.キーワードのランク付け
3.日本語もOK
4.登録不要
【デメリット】
1.13回まで(無料版の場合)
2.ランキングの詳細が分からない(検索ボリュームなど)

 

以上といった所でしょうか?


使い方も慣れたらすごく簡単ですよ。

1.キーワードを入力
2.検索結果を選択
3.選択リストをダウンロード

<

p class=”yiv9724277404MsoNormal”>以上で大量の関連キーワードが手に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました