男性向けコスメ市場がこれから熱くなる?世界のトレンドに乗り遅れるな

コスメ・美容
スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性向けコスメの時代到来か?

コスメ=女性

このように思う人がまだ大多数を占めていると思います。

私も同じく「コスメ=女性」だと思っていました。 

ただ世界市場の変化を目の当たりにしていると、実は恐ろしい勢いで男性向けコスメ市場が拡大しているのです。

国によって異なるジェンダーや性の考え方、バイセクシュアル、同性婚などあります。

まだ日本ではマイナーだと思われている部分も、徐々にオープン化されてきているのです。

 

つまり「男性も堂々とメイクする」日が近づいているのです。

近年では急激な成長を遂げている男性向けコスメ市場のトレンドとは一体?

☆スポンサードリンク☆




 

再び熱くなる!男性コスメ市場の動向

すごく興味深いニュースを耳にしたので、ご紹介します。

男性コスメの市場が「ものすごく伸びる?」との事です。

この「伸びる?」という点は将来の事なのでどこまで伸びるのかは未知数という事ですね。

しかし実際には男性向けコスメとしての売上が右肩上がりという報告が上がっているので間違いないでしょう。

 

イギリスにある男性向けコスメ会社のMMUK (mmukman)によると、
350万ポンド→500万ポンド(48000万円→7億円)を見込んでおり、新分野への進出も積極的に進めていく」

 と発表しています。

実績があり、これから増える需要に対してしっかり供給できる体制を整える事ですね。

やはり緩やかなトレンドがあり、しっかりとトレンドを追いかけていく方向性をがっちりつかんでいるようです。

 

これだけの積極的な展開をされているのですから楽しみです。 

出典:https://www.mensmake-up.co.uk/ (MMUKサイト)

どのようなメーカーが参入しているのか?

メンズコスメという名目で出しているメーカーもあれば、トランスジェンダー、ユニセックスとしているメーカーもあるようです。

早い話は「男性」という言葉をオブラートに包んだり、思いっきり出したりしている点ですね。

・トムフォード (TOM FORD)
・マークジェイコブス (MARC JACOBS)
・シャネル (CHANEL)

などの高級コスメラインのある会社はこぞって男性向けコスメの発表をされているようです。(20191月現在)

 

今後はこのようなブランド企業と一緒のトレンドに乗って多くの企業が参入してくるのかどうか、注目していきたいと思います。

  

カテゴリーとしてはまだ「男性向けメイク」という欄は見かけませんが、どうしても気になる場合は「ユニセックス」というカテゴリーから探すと良いです。

昔から男性は化粧好きだった?

20世紀に入って「化粧=男らしさ」という観点にズレが生じてきたことで、男性は化粧をしなくなったと言われています。

 昔の男性は「綺麗に見せるメイク」だけではなく、

「怖く見せる」
「強く見せる」

など男らしさを強調させる化粧が多かったそうです。

 

今では日本歌舞伎とかは男性もしっかり舞台化粧していますね。

 

歌舞伎以外にもスーパースターなどは「舞台用メイク」をしていたのですが、やはり演出に対する化粧と世間が捉えていたので「特別感」は常にあったのでしょう。

スーパースターであれば外見を気にしないといけない以上、メイクする人も多かったようですね。

ミュージシャンを例で挙げれば、

「デヴィッド・ボウイ」
「プリンス」
「ブライアン・イーノ」

 はメイクアップアーティストによるメイクを施していたそうです。

 そういえば、聖飢魔Ⅱのデーモン閣下も「悪魔メイク」をされていますね。

出典:BARKS

まとめ

いかがでしたか?

男性向けのコスメ製品も今後は増えてくることが予想されます。

男性も女性と同じくファンデーションを塗り、眉を描いて口紅をするのが当たり前になる日が来るかもしれません。

<

p class=”yiv4369162061MsoNormal”>くれぐれも電車内でのお化粧は避けましょうね()

タイトルとURLをコピーしました