転職試験で【内定】を辞退する苦渋の決断とは?

資格・就職・SPI
スポンサーリンク

面接を数社受けて、結果がちらほら出ております。


悲しい通知から希望を持てる通知、喜べる通知など様々です。

 

悲しい通知 : 不採用

希望を持てる通知 : 次面接

喜べる通知 : 内定

 

私管理人は面接で自分をPRするのも大事だと思っていますが、

 

私はこういう経験をしてきました。 

今後はこういうことをチャレンジしていきたいと思っています。

だから採用してください!! (実際はストレートに言いません)

 

面接後の内定率が高いかはわかりませんが、最近では3社に1社の内定をいただいております。

書類選考の苦しみ


様々な求人が日々ネット上や求人誌に掲載されていますが、大量にある仕事でも身体は一つしかないので、最終的には一つの仕事に就くということになります。

なので私管理人も仕事を選んでの応募をしています。

 

しかし日本という国は転職者に対して「冷ややかな目」で見てくるので、

 

30歳までで転職2回 以内

35歳までで転職3回 以内

 

が限度と言われています。

 

多くの企業がこのように転職回数を暗黙の条件を決めていますが、いかがなものかと。

 

 

もし私管理人が採用する立場であれば、「転職経験」 = 「他の世界の経験有り」 とプラスにとらえて前向きに捉えます。

もちろん面接ではその人の人柄や今後の目標、当社で何をしていきたいのかを聞きますね。

あまり過去の話は掘り下げないタイプです。

 

過去ばかり気にしている企業には私も入社したくありませんから・・・・。

 

過去は変えれませんが、未来は創っていけます。

 

 

ですが、今の日本で仕事に就くには決まったステップを踏まえていかないと入社できません。

その入り口が「エントリー」と「書類選考」です。

 

一人の人生を紙一枚で判断する企業もすごいと思いますが、書類上では優秀でなくても実際には素晴らしい人財がいることも確かです。

 

管理人は書類選考の通過があまり良くなく、四苦八苦しています。

2度リストラに逢っている少し不幸な経歴もありますが、ここでの社歴が浅いのを嫌がるのでしょうね。

リストラされたっというのに、書類には記載できないからまた話が伝わらないので大変ですよ。

 

書類選考の通過率は 20~25% と低めですが、めげずにエントリーを続けています。

 

 

おめでとうございます! 内定です。


ブログに投稿もしたのですが、そちらの企業から電話がありまして

 

「ぜひ弊社に迎えたいと思っております」との連絡!

 

 

そりゃ~天にも昇る思いで・・・

ってちょっと待って!

 

採用条件や面接での話を聞いて総合的に判断したところ、内定もらう前に

「ちょっとここの会社は違うね」となってしまった私管理人。

 

何故、掲載内容にない『悪条件』を面接の時にベラベラと言ってくるのかな?

(言わないよりマシだとは思いますが、この条件も書いてあれば応募自体しなかったのに)

 

喉から手が出るほど欲しい「内定」も飲み込まずにしばらく口の中でもごもごしていました。

 

内定辞退


よく言われるのが「辞退するんだったら最初から受けるなよ」

 

5社受けて4社から内定をもらう超優秀さん

100社受けて面接に5社、内定0社という苦労さん

200社受けて面接20社、内定3社という

 

どうしても確率論で考えるので、エントリー数が膨大になるのは仕方ないことです。

1社入魂でエントリーして結果が出るまで14日も待つ事はできません。

その間にもエントリー、面接は続けていきます。

 

一日でも早く仕事に就く

 

 

内定の出た会社の仕事内容は悪くないのですが、家族を養っていくのにはかなり厳しい条件。

 

なのでメールと電話で

 

「大変申し訳ないのですが、悩んだ末、今回の内定を辞退させていただきます」とお断りしました。

 

 

 

応募者にも選ぶ権利があります。

 

 

さてフリダシに戻ったのですが、「自分を採用してくれる企業もあるんだ! だから自信もっていけ!」と自分に言い聞かせながら、転職活動を継続してまいります。

 

めげるな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました