2016年米国大統領選に出馬したトランプ氏の日本に対する恐怖過激発言とは?

海外展開・ビジネス
スポンサーリンク

いよいよ加速してきた米国の大統領選です。

民主党からはクリントン氏 (現在はオバマ大統領ですが、任期満了なので絶対に交代)

共産党からはトランプ氏

各候補者を指名して大統領選に臨みます。

 

末端の声が大きくなり始めた?


つい最近では「イギリスがユーロ脱退」というニュースが世間を騒がせ、

世界各国でトップニュースとなりました。

 

 

株価や外国為替市場にも混乱が生じて「リーマンショック級」(級分けの根拠は不明だが・・)という専門家がいるほど値動きが激しかったですし、

しばらくは混乱が続くものとして各国が躍起になって経済対策を打ち出しています。

 

 

この出来事に便乗したのがトランプ氏です。

 

「イギリス国民はユーロに対してNO!を突き付けた。次はアメリカの番だ!強いアメリカを取り戻す」と言わんばかりに勢いが増してきています。

 

強いと言っても強硬な発言が多いトランプ氏なのですが、日本も対岸の火事では済まないのは目に見えてきています。

 

 

「沖縄から米兵を撤退させるか、日本が費用を全額負担するか?」

 

「日本が攻められたらアメリカが助けるが、アメリカが攻められたら日本は助けるのか?

 


憲法がダメと書いてあるからといってアメリカを守らないのは都合のいい話ではないのか?」
・・・マジ怖いです。




【激熱な名言】ドナルド・トランプ氏 名言集 – 03 (英ナレーション有)




 

やっぱり富裕層の中の富裕層は考えることが全く分からないと常々感じています。

 

 

歴史に名を残すのが今のトランプ氏にはあるのではないかなと思います。

 

 
でもお願いだから「第三次世界大戦の引き金」的な事はしないでほしい。

 

 

 

アメリカ大統領選に関しては、わかりやすいサイトがあったので是非ご覧いただければ幸いです。

 

◆アメリカ大統領選挙って、どんな仕組み?

 

 

 

日本も先日選挙を終え、アベノミクスが再加速するというニュースをちらほら見かけます。
私管理人は弱者側 (低学歴・低収入・不安定雇用)なので「ごく普通」というものに憧れます。

 

その「普通の生活」を全国民ができるのであれば、それでよいと思いますが、いかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました